So-net無料ブログ作成
検索選択
-  |  次の10件 »

破産!FXで失敗するパターン(2)

FXで破産
だからFXは危険!

リスク管理ができている人にとっては、何言ってるんだってところでしょう。
前回お話しした「余剰資金トレードする」というのもリスク管理の一つです。


今回は、FXでやっちゃう危ないパターン、その2です。


FXで損失を大きくしない方法


一番簡単な方法は、トレードしなければ良いことです。
0リスク、0リターンです。

それじゃ、儲からないじゃないですか!って言いたくなりますよね。
でも、資金は減りませんよ。
だから、破産することもありません。


まぁ、トレードするのは仕方ないですね。
ならば、
FXは、リターンよりもリスクを下げることを最優先しましょう。

レバレッジをむやみに高くしないことが大事です。


買っても儲からない


レバレッジを許容損失額内におさえましょう。
これでリスクは管理できます。

でも、リスクが少ないと儲けも少ないんですよね。


「主婦でも1億円」とか、「たった1ヶ月で100万円」とか煽られて、
FXを始めた人も多いでしょうね。

なのに低レバレッジだと儲からないんですよね。
それでも、他の投資や貯蓄に比べると遥かに利益率はいいんですけどね。


証拠金が100万円あったとしましょう。
毎日、100円稼げれば、年間2万円です。2%の利益です。

2%の利益ってなかなかのもんでしょ。

でも、100円じゃ我慢できないよね。


高レバレッジの魅力


日本では25倍までレバレッジが効かせられます。

証拠金100万円、ドル円120円のときに、レバレッジをフルに効かせれば
20万通貨がエントリーできます。


これで10pipsで良いので利確できれば、2万円の儲けになります。


どうです、狙いを絞れば確実に10pipsなら取れると思いませんか(笑)
これなら年間200万円になりますよ。
利益率200%!!


その気になるでしょ。
すでに理性は飛んで行ってますね〜


レバレッジは、許容損失額と損切り幅で決めてくださいね。
こちらのブログも参照してください
『いくら入ってる財布なら無くしも平気ですか〜許容損失額』












破産!FXで失敗するパターン(1)

FXで失敗するパターンを紹介しましょう。

失敗って負けトレードって意味じゃないですよ。

FXで失敗するについては、こちらを参照してみて下さい。
『FXの失敗と負けの違い〜リスクマネジメント』


破産して相場から退場しない限りFXで資産を増やすことができます。


余剰資金以外を使う


破産する最大の原因はこれです。
生活費までトレード突っ込んでしまう。ひどいときには負けを取り戻そうと借金でトレードして負けて、さらに傷を深くしてしまいます。

こうなると投資ではなく、単なるギャンブルと変わりません。

必ず余剰資金でトレードすることをお勧めします。
当たり前ですが、これで破産することは無くなります。



余剰資金の量から、許容損失額が計算できます。
『いくら入ってる財布なら無くしも平気ですか〜許容損失額』


ロスカットをさせない


エントリーして、狙った方向と逆にレートが動くことはよくあります。
ホントによくあります。

シナリオから外れたのですから、もうそのエントリーには意味がありません。
従って、すぐ「損切り」
これが基本です。


ところが、「損」という「恐怖」や「不安」から人は逃げようとします。
「戻ってくるから大丈夫」と自分を信じ込ませます。

何の根拠もありませんね〜〜〜


でも、大体の場合は戻ってくるんですよね。

これ最近のドル円1時間足です。
2016-03-25 3.09.12.jpg
どうですか、赤丸でエントリーした場合には、レートはまだ戻ってきていませんね。
でも、それ以外の場所では、レートは戻ってきますね。

ほとんどの場合、レートは戻ってきます。

どうです。
大丈夫でしょ!!

損切りなんてバカらしくなりますよね。


生活費に手を出す


どうです、損しないんです。

利益が出てる時には利確して、損失が出てる時はレートが戻ってくるのを待つ。
ひょっとして必勝法!?


こうやって、自分は勝てると勘違いします。
「俺には、FXの才能があるんだ」

今度は、「欲」という本能に判断を誤らされるんですね。


ならば、今、銀行に預けているお金とかFXに回しませんか。
銀行の預けても利息なんて付かないですよ、
FXに投資した方が、儲かりますよね。


どうですか、段々その気になりますよね。
こうやって知らないうちに崖っぷちを歩くことになるんです。

たまたまレートが戻ってきたトレードは、失敗トレードです。



FXは、確実に稼げる投資ではありません。
「余剰金内でトレードする」ことを守っって下さい。


これが自分を守る唯一の方法です。


〜つづく〜















これはFX投資ではないな!「モノマネFX」カルロス上杉

コピートレードと呼ばれる手法のようですね。
FX投資の手法じゃないな!

「モノマネFX」カルロス上杉
カルロスさんによると海外では、メジャーなコピートレードとはどんなものなのでしょうか。

モノマネFX~1億円放浪トレーダー「カルロス上杉」が驚愕のトレードを日本初公開~


コピートレードとは


FXでは継続的に稼いでいる人は2割と言われています。
その2割の勝ちトレーダーは、どんなトレードをしているのでしょう。

その手法が真似でできれば、勝てるトレーダーになれるってことですね。

ならば、そのトレード手法を真似るのではなく、トレードをそのまま真似てしまおう!!
ってのが、コピートレードです。


言ってる意味わかりますか?
トレード手法を真似るのではなく、トレードを真似ます。


「モノマネFX」では勝ちトレーダーとは言わず、プロトレーダーと表現していますね。


そのプロトレーダーが買えば、買う。売れば売る。

そのトレーダーが勝てば勝ち、負ければ負け。

それがコピートレードです。


コピートレードのリスクは


コピートレードのリスクを考えてみましょう。

"稼ぐ"トレーダーを選べるか?


勝ち負けは選んだトレーダーに依存します。
そういうシステムですから

トレーダーを選ぶのはあなたです。
ならば重要なのは「勝てるトレーダー」を選べるかどうかにかかります。

「モノマネFX」では、世界中の3000人のトレーダーの中から選べるとなっています。
その中から「7つのポイント」を確認していけば、”稼ぐ”トレーダーを選べると、カルロスさんは言ってます。

勝率、成長率、連続勝利数、最大ドローダウンなどの7つのポイントが示されているのですね。
具体的な、選び方は「モノマネFX」の中で教えてくれるます。



”稼ぐ”トレーダーを選べば勝てるのか


プロトレーダーの真似をすると言っても、真似です。
そのプロトレーダーがエントリーしてくれるわけではありません。

MT4を同期するのですが、完全に同時ではありません。
少しのタイムラグで、コピー元は稼げているのに自分は負けている。という状況は起こりえます。


「モノマネFX」で扱うシステムは、
トレード反映までのタイムラグの小ささが ”最高レベル” です。

最高レベル?
「最高レベルでこんなもんかぁ」
とならなければ良いですね。


対策としてはスキャルピングのような短時間の取引するトレーダーを選ばないことです。



ポートフォリオ


選んだトレーダー負ければどうなるの?
選んだトレーダーの通りにトレードするわけですから、そのトレーダーが負ければ自分も負けます。

ただし、複数のトレーダーを選ぶことができます。

あるトレーダーが負けても、別のトレーダーが勝てばチャラになります。
複数のトレーダーを選んで、トータルで勝てばいい訳です。


3000人の中から、平均して勝っているトレーダーを複数選べば、あなたは平均して勝つ確率がかなり高くなります。

私ならカルロス上杉さんを選びますけどね(笑)
あれ?選べないのかな〜



この複数のトレーダーを選ぶのは、投資でいうポートフォリオの考え方と同じですね。
リスクを複数の投資に分散させる。トータルで収益を狙うのがポートフォリオです。


したがって、ポイントは「モノマネFX」の3000人のトレーダーの中から、ポートフォリオを組むだけの情報が与えられているかです。

これは残念ながら期待できないでしょうね。
勝率、成長率、最大ドローダウン辺りからバランスよく、いろいろな長所・短所を割り振るしかありませんね。



資金管理は大丈夫か


最後に、一番の問題点です。

「モノマネFX」を行う場合には、すべての証拠金を失っても良い資金を使ってください。

FX投資の良さは資金管理が容易なことがあります。
エントリーと同時に逆指値決済を設定しておけば、それより損失が膨らむことはありません。


しかし、「モノマネFX」では損切りはコピー元のトレーダー次第です。


朝起きたら、とんでもないことになっていた。
の可能性もあります。



これは投資じゃないな!


もう自分の貴重な資産を、誰か知らない人に預けることができる人にはオススメします。
見ず知らずの”稼げる”トレーダーに自分と家族の人生を預けてください。


モノマネFX~1億円放浪トレーダー「カルロス上杉」が驚愕のトレードを日本初公開~




本屋で立ち読みしてワロた 〜 コイントス理論「10円玉1枚で勝ち続けるFX攻略」

『【年収2000万円】10円玉1枚で勝ち続けるFX攻略』
TSUTAYAで立ち読みしてて笑ってしまった。



損小利大の資金管理の重要性を説明したいのかもしれないけど、、、。
こんなの恥ずかし気もなく出版するんだ(笑)


コイントス理論


どんな理論(?)かと言えば、

1.買うか売るかはコイントスで決める


10円玉を投げて、表が出たらロング(買い)、裏が出たらショート(売り)でエントリーする。

日本の硬貨の造幣技術は優れているので、表の出る確率と裏の出る確率は等しいと考えられます。

もちろん、500円玉でもOKですよ。
トスした時に無くさないで下さいね。


売り買いをコイントスで決めるので、相場がどっちに動くかは気にしません!


え〜〜〜
上昇トレンドの時は、上に動く確率が高いのに、そんなことはお構いなしです。

いいんです。
そのうち下降トレンドになるから


そうなんです。
エントリーを何10回、何100回、何1000回、何10000回、、、と繰り返していれば、上昇と下降はほぼ50%になります。


正確には回数ではありません。
期間(時間)です。

アベノミクス、円安にシフトしました。
ドル円は上昇を続けましたね。

この期間、上昇と下降の確率が50%ではありません。
上昇の確率が多くなければ、上昇しません。


2. 利確100pips、損きり90pips


長期間で見れば、レートが上昇する確率と下降する確率は50%になります。
ですから、利確100pips、損きり90pipsならば、この10pips差分が利益になります。

損小利大

ですね。


なんとなく、もっともらしいけど
間違ってます。



例えば、エントリーして1時間後に上昇している確率と下降している確率は50%で等しいです。
1日後でも同じです。

しかし、+100pipsに届く確率と、-90pipsに届く確率は同じではありません。


残念!


当然、-90pipsにタッチする確率の方が大きいです。

+100pipsも-90pipsも同じぐらいでしょ。
って言っるあなた。

長い目で見ると、-90pipsに到達する確率と+100pipsに到達する確率は、10 : 9になります。


スプレッド分だけ損する理論


残念ながら、期待値で計算すると、0pipsです。

でも、これはスプレッドがない時です。
毎回、スプレッド分の手数料を取れられますので、FX会社は大喜びですね。


レートの上昇の確率>下降の確率の時は


こちらのブログを参照して下さい。
『神はサイコロを振らない〜損小利大で勝つ』

幸いなことに、相場の神様はサイコロを振りません。
相場を動かしているのは「欲望」にかられた人です。

だからトレンドが発生します。
一度発生したトレンドは継続します。


レートの上昇する確率>下降する確率ならばどうか!

この時は、損小利大の考えで、利確+100pips、損切り-90pipsで買いエントリーしてみて下さい。
資産がみるみる増えていきますよ。

ただし、-90pipsで20回連続で負けてもいいようにポジションの大きさには注意して下さい。


FXは相場の環境認識と資金管理で勝てます。



コイントス以外にも、基本的なテクニカル分析についても述べられているようです。
コイントスで勝てるじゃ、詐欺ですからね。





















「恋スキャFXビクトリーDX完全版」FX-Jinのスキャルピングの定番

スキャルピングの定番中の定番「恋スキャFXビクトリーDX完全版
2011年に発売以来、今だに売り上げ上位に位置しているのはサスガです。

【支持されて5周年】FX初心者でも空いた時間にぱぱっと稼ぐ、最速のスキャルマジック- 恋スキャFXビクトリーDX完全版



年間10000pipsの記録を持つFX-Jin


販売者のFX-Jinさん。本名?は、山口 堯史さんです。


アメリカのトップディーラーでも年間6000pips程度の実績。
それに対して、シグナル配信の実績年間10000pipsを誇るプロトレーダーです。


と書かれていますが、実はピンとこない。
ちょっと計算してみますか

例えば、資産10万円から始めてみましょうか。
1ドル円120円とすると、レバレッジ5倍だと4千通貨程度のトレードになります。
それでも10000pips 取れると、40万円の利益になります。。。

当然、複利運用できますから、実際にはもっと多くの利益を上げることができます。
複利運用についてはこちらを参考に 
→ 「FXで夢を叶える手法とは〜複利投資」



ただ、
シグナル配信の実績って定義はよくわかりませんね。。。

エントリーは裁量を基本としていますので、シグナル配信をJinさんが裁量判断してエントリーした時に10000pipsになると理解した方が良いですね。
こんなことが可能なのか後で検証してみましょう。


それでもすごいですね。
期待が膨らみます


Jinさんは、プロトレーダーと言ってもフリーです。
ノウハウを教材化することを使命と言い切っています。

多くの本も出版されています。
最後に紹介しておきますので、良かったら見てください。


手法はスキャルピング


トレード手法はスキャルピングです。

ここは好みや生活パターンに依るところはありますが、
忙しい会社員、自営業、主婦がトレードするなら、
短時間でトレードできるスキャルピングか
日足をベースに、ゆったりトレードするスイングかになります。



スイングトレードの場合には、大きな値動きを捉えることになります。
従って、大きな収益を上げることができますが、リスクも大きくなります。

スイングトレードはある程度、許容損失額を取れる人がトレードすると良い結果が得られると思います。
ここでいう、許容損失額には資金管理面とメンタル面も含まれます。


いくら資金が潤沢でも、損失額が大きくなると人のメンタルがもたないことがあります。
損失を確定するのが嫌で、損切りをずらしたり。。。


絶対ダメですよ。
許容損失額から決めた損切りは、必ず守ってくださいね。



FX以外に副収入がある人には、許容損失額を大きくとって、日足でゆったりトレードするのは理想的ですよね。
私も、FXの資金源としての副業についてオススメしています。
→ 「速見秀太のFXの資金をサイドビジネスで獲得しましょう」

月に10万円でも余剰資金をFXに回せれば、日足でトレードしちゃいましょう。



さて、スキャルピングでしたね。

私は、数10分から数時間のトレードを行っています。
スキャルというと、数秒、数分のイメージがありますが、おまりお勧めしません。

短時間でのトレードになりますので、とても資金効率が良いです。
短時間で回転させて、複利投資していけばさらに効率が良くなります。
参考 → 「FXで夢を叶える手法とは〜複利投資」



裁量トレード


トレードは裁量です。
トレーダーがエントリーの判断をしなければなりません。
従って、人によって成果は異なります。


つまり、勉強しないと「恋スキャ」だけでは勝てないってことです!!!


でも。「恋スキャ」+「裁量」でトレードすれば勝率は上がります。

裁量のための知識も習得できます。
『FX-Jinのスキャルピング講座』が付いてきます。


私のブログでも
『速見秀太の速攻FX講座』
をやってるんで、参考にしてください。




ビクトリーDXになって、従来のレンジ相場だけでなく、トレンド相場からも利益が上がられるようになったんですね。

レンジ相場とトレンド相場でエントリーできるなら、かなりエントリーチャンスは増えますね。
副業向きかも



トレンド相場では、トレンドの方向にスキャルしていきますので、勝率は高くなりますね。
実は、JInさんの手法は、レンジ相場でも同じで、決して流れに逆らわない方向にスキャルしていきます。

とても単純で理にかなった手法ですよね。



実績勝率88.7%だそうです。
無理なトレードを狙わないので、88.7%いけるかもしれませんね。



ちなみに、FXにおいて勝率100%なんて、絶対にありませんからね。




1ヶ月で105万円@10万通貨


なかなかの実績ですね。

月に1000pipsほど利益を上げていることになります。
月に20日トレードできますから、日当たりでは平均50pipsの利益になります。

普通は平均で50pipsは、まず副業トレーダーでは難しいですね。



では、恋スキャなら!
1日3時間のトレード
トレードチャンスは1時間に20回あるので、60回のトレード???

1日60回のトレードは無理!!


リスクリワード1:1(損切り幅と利益確定幅が同じってこと)
勝率88.7%

スキャルピングは、大きな利益幅は狙わないので、勝率勝負ってトレード方法ですね。



期待値の計算をしてみましょう。
期待値の考えかたは重要なので、計算が分からなかったら私にメールでもしてください。

例えば、1回のトレードの損切り幅=利確幅=10pipsとしましょう。
勝つ確率は88.7%=0.887で、その時の利益は10pips
負ける確率11.3%=0.113で、その時の損失は-10pipsですから
期待値は、10pips x 0.887 - 10pips x 0.113 = 7.74pips

つまり、何回かトレードした場合に、その1回あたりの平均利益が7.74pipsになるってことを意味します。


ってことは、7回もトレードすれば平均54.18pips取れることになりますから、1日の目標、平均50pipsはクリアします。



つまり、10pipsを狙えるスキャルピングを繰り返していれば、
月に1000pips、年間だと10000pips以上が狙えるって計算になります。

「実績年間10000pips」は、現実味のない話じゃなさそうですね。


ただし、勝率88.7%が前提条件ですよ。



「恋スキャ」は使える


使いこなすには、幾つかの条件があります。

使いこなすポイント:リスクリワード


スキャルピングなので、大きな利益幅は狙えません。
それでも、リスク(損切り幅)>リワード(利益確定幅)のトレードはしないでください。


使いこなすポイント:エントリーポイント


先ほど期待値を計算して、大きな利益が狙えることを確認しましたね。
この拠り所となっているのは、勝率です。

高い勝率を維持するためには、
無理な場面でエントリーしないこと。つまり「恋スキャ」+裁量でエントリーすることです。
「恋スキャ」と裁量の2つの判断を組み合わせることによって、勝率は維持できるはずです。


使いこなすポイント:利益確定幅


もう一つ
利益確定幅を読み損なわないこと

もう少し伸びるかと思っていると、反転急落して損切り
よくあります。



以上を理解した上でトレードすれば良いと思います。
特にエントリーポイントに関しては、「恋スキャ」+「裁量」なのが良いですね。

裁量の技術を向上させるなら、私のサイト参考にしてくださいね。


【支持されて5周年】FX初心者でも空いた時間にぱぱっと稼ぐ、最速のスキャルマジック- 恋スキャFXビクトリーDX完全版



こちらで、FXの基本を身につけてください。
『速見秀太の速攻FX講座』



FX-Jinさんの書籍紹介

「FX-Jinの人生大逆転 あなたにもできるFX成功術 」FX-Jin


「「僕らはもっと自由になれる」3年で10億円稼いだ私の成功法則 」山口 堯史

相場の魔術「勝利の黄金シグナル」レンジでもトレンドでも利益を上げる手法

「勝利の黄金シグナル」を紹介します。
レンジ相場でもトレンド相場でも利益を上げるダブルロジックが売りです。

「生涯パラメーター変更」などという、役立つ特典が付いています。


【勝利の黄金シグナル】究極のFXツール&ダブルロジックがついに登場!サインに従うだけでたちまち利益に!



相場の魔術師・北田夏己


北田さんの過去の経歴とかは明確にされていません。

ネットで検索すると「夢資金FX」という洒落たネーミングの手法を販売されていることがわかります。(販売は終了しています)
こちらは、ボリンジャーバンドを使用したトレンドフォローの戦略ですね。


魔術師は、今回の「黄金シグナル」でつけられたもののようですね。
なんで、魔術師?

それはこれから説明しましょう。



ダブルロジック


このダブルロジックがこの手法の売りになります。


何がダブルか?
トレンド相場でもレンジ相場でも利益を上げることができるそうです。

ただし、トレンド相場はほぼ無裁量ですが、レンジ相場は裁量トレードになります。
完全EA(自動売買)ではないようですね。


北田さんもコピーページで書かれていますが、
相場は、レンジとトレンドしかありません。

そのレンジとトレンド、その転換を見極めるのかトレードの本質になります。


それが簡単じゃないから、FXで勝てないんですね。


だから、トレードを自動化するのは難しくて
数万円のシステムでは有り得ない。


従って、シグナル+裁量トレードが効率が良いと言えます。


で、裁量判断できるためには、知識が必要です。
知識の習得については、かなりのレポートが付属するようですので、
じっくり勉強してください。



ちなみに、なんでレンジとトレンドの見極めが難しいかわかりますか?
これについて明確に書いてある本はないので、私の私見になるのですが、

時間足の違いで見え方が変わるからです。
日足では上昇トレンドであっても、ずっと上昇しているわけではありません。
1時間足で見れば下降トレンドを示すことがあります。

上昇トレンドの中の下降トレンドですから、上昇に転換する可能性が高いです。

1時間足でエントリーして下がったって喜んでいるうちに、
いつの間にか上昇に転換していた

そんなことがありますよね。



よければ私のサイトも参考にしていただけると幸いです。
「速見秀太の速攻FX』



生涯パラメーター変更


なかなか気の利いた特典ですね。

完全自動ではありませんがシグナルが発生しますので、パラメーターの最適化によって
勝利は変わりますから

北田さんが本気でパラメーター検証されるのであれば、
とても役立つアフターサービスですね。


いっそ読者サイトとか公開して、パラメーターについて議論しても面白いかもしれませんね。

あっ!いいパラメーターは秘密にしたいかな。



レンジでのシグナルの精度次第か


先にも書いたように、相場はトレンドかレンジしかありません
でも、今どちらの相場かを判断するのが難しい。

ダブルロジックの良いところは、エントリーチャンスが格段に増えるところにあります。

特にレンジ相場の時間帯は長いので、
レンジを見極めて、精度よくシグナルが出れば、かなりの収益につながると思います。


【勝利の黄金シグナル】究極のFXツール&ダブルロジックがついに登場!サインに従うだけでたちまち利益に!







「Flash Zone FX 」(フラッシュ・ゾーンFX)今がチャンス!2016年再販開始

ついに!2016年、ポール・ジモンフラッシュ・ゾーンFXが再販になりました。
期間限定で、25万円相当のスペシャルコンテンツが特典として付いてきます。


昨年、1700名に販売し、返金保証を受けたのはたったの2名という実績の手法です。
多くの再販のリクエストに答えて、2016年に入り再販を開始したそうです。

【2016年最新版】 Flash Zone FX (フラッシュ・ゾーン FX)



Paul Gimon 「Flash Zone FX」使いこなせれば強力な武器


昨年、発売されたときに評価したブログを紹介します。
「Paul Gimon 「Flash Zone FX」使いこなせれば強力な武器」

ポール・ジモンさんは、元プロトレーダーで、フラッシュ・ゾーンFXもそこで使われていた手法です。


先のブログにも書きましたが、
「最も相場が下がったときに買い、最も相場が上がったときに売る」
逆張りのエントリーになります。


逆張りですので、エントリーの方向とは逆行するリスクが大きくなります。
ただし、大きな値幅を取ることができますので、リターンも大きいです。


この場合、重要なのは損切りを確実に行うことです。
資金管理を確実に行える人であれば、役立つ手法です。



資金管理については、よく勉強する必要があります。
資金管理ができるだけで、利益率が上がると思います。

私のブログでも初心者講座を行っていますので、参考にしてください。
「速見秀太の速攻FX」



「Flash Zone FX」で効率よく稼ぐためには、どうするか


逆張り手法のいいところは、値幅を大きく取れることにあります。
まさに、
「最も相場が下がったときに買い、最も相場が上がったときに売る」
です。

その間、負けるときは小さく負けることを心掛けてください。


繰り返しになりますが、逆行した場合にはレートが一気に伸びる可能性が高いです。
小さく負ける資金管理が重要になります。
参考→「損切りしよう〜資金管理」



一般的に、損小利大でトレードできる時にだけエントリーすることも重要です。
逆張りの場合、損小利大は狙いやすいです。

損小利大の重要性はこちらを参考に
「神はサイコロを振らない〜損小利大で勝つ」


損小利大のためには、損切りを上手に行う必要があります。
これで、「Flash Zone FX」での利益率が向上するハズです。



実績のある手法でも、あなたが勝てるとは限らない。なぜ?


【2016年最新版】 Flash Zone FX (フラッシュ・ゾーン FX)

ジモンさんも書かれているように、裁量トレードが基本となっています。
つまり、エントリーチャンスのシグナルは出るが、エントリーするかどうかは自分で判断しなければなりません。


相場の環境認識を間違えないで、トレンドの方向にエントリーすることで勝率が上がります。
私のブログでFXの基礎を十分勉強されれば、問題ないと思います。
「速見秀太の速攻FX」



最初に書きましたが、今なら
期間限定で、25万円相当のスペシャルコンテンツが特典として付いてきます。

【2016年最新版】 Flash Zone FX (フラッシュ・ゾーン FX)









森田真之監修 『デブトレFX』 -Dave×Trace FX- 時代の転換期には不向きな手法

元みずほ証券 森田真之監修 『デブトレFX』の紹介です。

非現実な夢物語を追い求めるのはやめて、
一切無理することなく、月単位・年単位で勝ち続けることが可能な
「安定したトレードスタイル」を目指していきます。

【三冠達成】元みずほ証券 森田真之監修 『デブトレFX』



販売事業者名:合同会社カノープス
運営統括責任者:森田真之
販売価格:29,800円(税込)

元みずほ証券 森田真之


セールスページに詳細なプロフィールが載っています。

みずほ証券に入社し、営業成績全国5位とはすごいですね。

会社・支社の推薦銘柄にこだわることなく、投資先を進めたとあります。
お客様目線で素晴らしいです。

でも、勇気ありますね。
損失を出した時にどうフォローするのか、、、。
お客さんは、みずほ証券の森田さんを信用しているわけだし。

それだけ、お客さんの信用を得たってことかもしれませんね。


現在は、現役トレーダー兼セミナー講師だそうです。


実践型インジケーター


森田さん曰く
みずほ証券時代に、11年半という長い年月をかけて培った
ノウハウと独自の理論をもとにFXの経験や知識を一切必要としない”実践型インジケーター”
だ、そうです。


「FXの経験や知識を一切必要としない」
こんなことは書かないで欲しいなぁ

FXにおいて、『無知』=『破産』です。

いくら優れたシステムでも、それは同じです。
シグナルが20回損失を出した時に、21回目もトレードできますか。


FXでは、20回損失を出してもいい資金管理、メンタルコントロールを目指すべきです。
20回負け続けることがある。その知識があるだけで、戦略は変わりますよね。

「知識」や「経験」なしに、FX相場に飛び込まないで下さいね。



トレードスタイル


『デブトレFX』では、レンジ相場、トレンド相場の転換による損失を回避するように設計されているため相場状況が変わっても安定して利益を出すことが可能です。

一般に、レンジ相場(一定の範囲でしか動かない相場)とトレンド相場(上か下か一方向に動いていく相場)では、エントリーの考え方、方法が異なります。

この「デブトレFX」では、
・ドル円にレンジ用の逆張りインジケーター
・NYダウにトレンド用の順張りインジケーター
を同時に稼働させ売買することで安定して利益を出します。

NYダウ:ダウ・ジョーンズ社(米)が算出するアメリカ合衆国の代表的な株価指数です。「ダウ平均」とか「ニューヨーク平均株価」とか言ったりすることもあります。


あれ?株価
俺は、FXがしたいんだ〜〜

って叫ばないでください。


目的は収益を上げることですから、FXだって株だって何だっていいんです。
FXと株など、違う投資を同時に行うことをポートフォリオと呼びます。

その2つの関係は相関係数で表れます。
通常は、-1<相関係数<1で表され。1に近いほど値動きが似ている。-1だと反対に動く。
0は、値動きに関係がない。

お互いに、相互のリスクを補填し合えるので、リスクを減らすことができます。


森田さんは、米ドル円とNYダウの相関係数を85(=0.85ですね)と言っていますので、
強い正の相関(値動きか似ている)をしています。


リスクオンとリスクオフ


一般的に、お金は非常に臆病な動きを見せます。

例えば、欧州のどこかの国で債務問題が発生したとします。
ユーロのリスクが高まりますから、ユーロを売って、安全な米ドルや日本円に資産を退避させようとします。

このように、市場リスクが高まった状態を、リスクオフ(リスク回避)の相場と呼びます。


その後、債務問題の解決策が示されたりすると、市場では楽観的ムードが高まり、リスクは高いが金利も高い通貨が買われたりします。
具体的には、豪ドルやカナダドルなどがそうです。

このような状態をリスクオン(リスク選好的)な相場と呼びます。


低金利政策


2008年リーマンショック以降、主要国は低金利政策に向かいました。

金利が低いってことは、借金しても利息が付かないってことです。
会社が投資のためにお金を借りやすくなるので、業績アップ、株価もアップなります。

さらに、量的緩和政策により、市場にお金が出回り流動性がよくなります。
それも株価を支える方向に働きます。


お金の周りを良くして、景気や雇用を回復させよう。
ってのが目的ですね。


しかし、低金利ではお金をもっっていても利息がつかないので、より金利の高い通貨に流れようとします。
つまり
景気の低下 → 金利低下 → 株価上昇 → ドル下落
こんな動きになります。

お金の動きって面白いですね。


それじゃ、低金利政策の出口ってどこにあるのでしょうか?
もともとの目的が、景気回復、雇用回復ですから、それが見込める時期ってことになります。

この頃には、景気は回復し、株価が高い水準のままドルも上昇するという相関になるハズです。


ドル円とNYダウ


ドル円と日経平均株価の相関は強くでます。

日本のデフレ脱却を目指したアベノミクスでは、異次元量的緩和を実施し株高と円安を引き起こしました。ドル円上昇(円安)で輸出企業を中心とした株価が上昇する相関関係があります。


さらに、NYダウの値動きは、日経先物を通して株価に影響を及ぼします。
前日のNYダウが上昇すれば、日経平均も上昇することはよくみられます。


このように、米ドル円とNYダウに強い相関があることがわかります。


問題は、その相関の再現性です。

今までの説明でわかる通り、相関を決めるのは人間です。
リスクがあるから、金利が低いから、どうしたら資産を安全に増やせるかを考えます。


ポートフォリオ


相関があるならば、ドル円とNYダウでポートフォリオを組みことは可能です。

この「デブトレFX」では、
・ドル円にレンジ用の逆張りインジケーター
・NYダウにトレンド用の順張りインジケーター
を同時に稼働させ売買することで安定して利益を出します。


正の相関があるなかでのポートフォリオですから、それぞれ違う場面(レンジ相場とトレンド相場)で運用することによりリスク低減を図る

それが、この「デブトレFX」です。


再現性がある限り、利益があがるシステムとなります。


再現性の確証がない


シグナル系のFX投資手法は長期再現性が命です。

NYダウと米ドルの相関は高いでしょう

ただし、その相関を今日明日のトレードに活かせるほどの相関が長期にわたって一定ではありません。
それでも、
・ドル円にレンジ用の逆張りインジケーター
・NYダウにトレンド用の順張りインジケーター
でトレードできるかどうかです。

それを判断できるためには、「知識」と「経験」が必要になります。


複雑は手法を用いたシグナルでは、今そのシグナルが適用できるのかどうか
その判断は必ず必要だと思います。


FOMCは、ゼロ金利解除実施を決めました。
来年には金利は上昇していくでしょう。

そんな時代の転換期において、シグナルにたよったトレードはオススメしないのが私からの提案です。

















維新の介「大衆心理を利用して利益を上げる!維新流トレード術」その2

維新の介「大衆心理を利用して利益を上げる!維新流トレード術」
以前、「大衆心理を利用して収益をあげる!FXテクニカル分析22の技術」として販売されていたものです。
初心者や未だ利益が安定しない方にオススメします。
書名も変わったところで、少し詳しく紹介しましょう。今回は、その2回目です。

維新の介「大衆心理を利用して利益を上げる!維新流トレード術」

前回は、「CHAPTER1 相場における個人の心理」についてレポートしました。
維新の介「大衆心理を利用して利益を上げる!維新流トレード術」初心者オススメ

個人の心理、つまり「欲」と「恐怖」ですね。
これらを克服するために「知識」が必要なことが述べられていました。

CHAPTER2 相場における大衆心理を考える


相場を動かすのは大衆です。
相場の向こうの個人の「欲」と「恐怖」の心理が、群衆心理の中で相場を動かしチャートを形成します。

大衆心理が読めれば、相場で勝つことは簡単ですね。


チャートを分析する


テクニカル分析ってご存知ですか?
初心者の方には、まだ難しいかな。

メルマガに登録していただければ、テクニカル分析についてもお教えしますよ。


テクニカル分析をマスターすれば、エントリーポイントを教えるものと思われている方も多いかと思います。
これはテクニカル分析ではありません。
こんなのを知ったところで、永遠にトレードに勝つことはありません。


テクニカル分析は、相場の今を知るためです。
相場に従ってトレードを繰り返すだけです。

私は、テクニカル分析はその意味するところが大事だと思っています。
テキストでは、CHAPTER3からテクニカル分析について詳しく述べられています。


しかし、この本の価値は、CHAPTER1、2にあります。

価格も高いものではありませんので、ぜひ手にとって読んでみることをお勧めします。




維新の介「大衆心理を利用して利益を上げる!維新流トレード術」初心者オススメ

維新の介「大衆心理を利用して利益を上げる!維新流トレード術」
以前、「大衆心理を利用して収益をあげる!FXテクニカル分析22の技術」として販売されていたものです。
初心者や未だ利益が安定しない方にオススメします。

書名も変わったところで、少し詳しく紹介しましょう。

維新の介「大衆心理を利用して利益を上げる!維新流トレード術」


7年連続して負けたことのない維新の介


まずは著者の紹介です。

維新の介
兵庫県在住の専業トレーダー。

独自のテクニカル分析理論に定評があり、とにかく「負けない」トレードを得意とする。
デイトレード中心で、この4年ほど1日単位での負けはほとんど記憶にない。
個人トレーダーとして雑誌紹介、講師依頼等多数。


テキストを見ても維新の介さんの情報はありませんね。

テクニカル分析理論は独自のとありますが、どこが独自か分かりません。
非常に基本的なテクニカルを基本的に使っている感じがします。

FXにおいて、難しいことをすることが勝ちに繋がる訳ではありません。
理にかなったルールに従って、淡々とトレードすることが大事です。

それは、維新の介のテキストにも書かれています。
なのに、あえて独自のなど強調する必要はないかと思います。


4年ほど1日単位での負けはほとんど記憶にない。
だ、そうです。

なかなかすごい記録なんですが、、、

FXは勝率を争うものではなく、投資なんですよね。
最終的に+になればいいわけで、日当たりの勝ち負けにはコダワル必要がないです。

ってことは、維新の会さんのテキストにも書かれています。
なのに、こう言った表現を堂々とされるのは、どうかと思います。


販売元のインベストメントカレッジさんと手広く商売をされているようですね。

でも、それは置いておいて、このテキストは初心者向けの良書ではないでしょうか。
また、収益が安定しない。勝てないって人は、こういう基本的な知識や技術が抜けているのだと思います。
FXに向かう基本がわかります。ぜひご一読ください。

今日は、せっかくですので、少し詳しく見ていきたいと思います。



CHAPTER 1 相場における個人の心理


初心者の方には、なぜ相場に心理が関係するのか分からない人も多いでしょう。
少し読み進めてみましょう

優れたトレーダーは聖杯を持っているのか?


聖杯を持っていると、どんな相場からでも利益を上げることができるようになります。
優れたトレーダーは、聖杯を獲得した人なのでしょうか?

優れたトレーダーは、自分の理にかなったトレードができる人です。


優れたトレーダーは、どんな相場でもエントリーできるのでしょうか?
違います。優れたトレーダーは、自分の理にかなったところでしたエントリしない人です。

優れたトレーダーは、値動きが予測でき必ず利益を上げられる人でしょうか?
優れたトレーダーは、自分の理に照らし合わせ、損切り、利確ができる人です。

理にかなったトレードをしている限り
たとえマイナスが出ようと、それは良いトレードです。


理にかなったトレードは、正しい知識と経験でのみ得られます。


メンタルを鍛えて下さい


FXにおいて、メンタルマネジメントが重要です。
しかし、それはメンタルを鍛えることとは違います。

人は、「恐怖」に襲われた時、人は感情で判断します。
また、「欲」も人の判断を見失わせる原因です。

もちろん、「恐怖」は損失を出したくない恐怖、「欲」は早く利益を上げたい欲です。


これらは、「知識」「理解」によって緩和しコントロールできる状態に持っていくことができます。
プロスペクト理論リファレンスポイントをよく理解してください。

メンタルは「知識」で鍛えて下さい。


損切りができないトレーダー


FXで勝てないのは、「損切り」ができないからです。

では、なぜ損切りができないのでしょうか?

彼らは「祈り」ます。
でも、「祈り」で相場が動くはずがないことを知っています。
だから、彼らは、「損切り」しない理由を見つけて安心しようとします。

彼らは損切りすべき理由を知らないのです。
単なる「無知」です。


初心者や勝てないトレーダー必読


FXにおいて
「知識」=「収益」
です。

正しい知識を学んで下さい。

維新の介「大衆心理を利用して利益を上げる!維新流トレード術」

つづく
「維新の介「大衆心理を利用して利益を上げる!維新流トレード術」その2」
-  |  次の10件 »
速見秀太のメルマガ登録・解除
速攻FX〜速攻であなたに収益をもたらす初心者FX講座
メルマガバナー

お問い合わせ
メールバナー

Copyright © 速見秀太の初心者のためのFX商材 ずばり評価 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。